【菊花賞】最後のクラシックの舞台へ! (レース結果速報)

Pocket

10月25日に開催された今年最後のクラシックレース・(JpnI)は、4着、6着と大いに健闘致しました。

詳細は、当日の写真とともに後日アップいたします。

 

4着 イコピコ 四位洋文騎手
「前回よりも気負っていました。いろいろ考えましたが、周りに馬がいない状況でレースをさせたいと思い、後ろからのレースになりました。いい脚は使っていますが……。距離はもう少し短い方がいいでしょう。あとちょっとなんですけどね。難しいですね」

西園正都調教師のコメント
「引っ掛かるかも、という意識があって、あの位置になったのかもしれませんが、2馬身半差ですし悔しいですね。でも、これが競馬です。走ることはわかりましたし、また立て直して頑張ります」

Pocket

なおや(運営)

ヤマニン倶楽部の管理人です。

2 thoughts on “【菊花賞】最後のクラシックの舞台へ! (レース結果速報)

  • 2009年10月28日 at 12:16 AM
    Permalink

    JC一拓!
    やはり今回の最大の敵は距離でしょう。
    何度も我慢を強いられる中山25よりは、
    直線に賭けられる府中24かと。

    でも、来年は春天出て欲しい。

    Reply
  • 2009年10月27日 at 5:31 AM
    Permalink

    イコピコの収穫

    1.上がり時計最速

    2.リーチザクラウンを今回も捕らえた

    イコピコの課題

    1.57キロでのレースで今回も勝ち馬との着差がついた

    2.神戸新聞杯勝利のツケで練習(調教)が質量とも不足、所謂急仕上げ。

    イコピコの今後

    次走は勝つ順番。
    G2勝利馬ゆえ、
    来年の斤量は軽くても57キロ。
    ならば、
    3歳のうちにG1勝利を目指すでしょう。

    選択肢は3レース

    マイルCS・JC・有馬記念

    1.32前半の決着にはまだ対応できないと考えるので、マイルCSはムリが有りそう。

    JCは1着賞金が2億5千万円。
    3歳の勝利例は、
    ダービー馬=ジャングルポケットと
    NHKマイルC馬=エルコンドルパサー
    前馬は制覇後に勝利なし、後馬は外国産馬ゆえ当時は制限でダービーを使っていない。
    昨年のディープスカイも勝ちきれなかった。

    勝利を狙うべきは有馬記念でしょう。
    約2か月、
    調教の質量を立て直す期間が有ります。
    ここ2戦でダメージが許容範囲ならば、
    「頂上」到達を実現できると考えます。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。