【京都金杯】新春を飾る七宝の輝きを!(レース結果情報)

Pocket

ヤマニンエマイユはスタートを決めると、中段後方で待機する。徐々に集団の内側を進出し、抜け出す頃合いを伺ったものの、3角から4角にかけて抜け出すタイミングが見いだせない競馬で、かなり順位を下げてしまった。しかし、そこから古牡馬の一線級と同じ末脚を使い、馬場中央を6着まで進出して見せた。乗り難しいとも思えるヤマニンエマイユの末脚をしっかりと引き出した赤木騎手の手綱を褒めたい。
賞金を獲得するあたり、一介のオープン馬ではないと思わせた。

Pocket

なおや(運営)

ヤマニン倶楽部の管理人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。