[News] 岩手・鈴木麻優騎手 引退

Pocket

岩手競馬が、伊藤和厩舎所属・鈴木麻優騎手の現役引退を発表しました。

 岩手競馬組合は、伊藤和厩舎に所属する鈴木麻優騎手が2018年1月31日に騎手引退を表明したと発表しました。地方競馬における通算成績は、1456戦67勝(2着92回 3着115回)。レディース&ヤングジョッキーズ2015で優秀女性騎手賞など。(岩手競馬組合netkeiba参照)

 鈴木麻優騎手は、ヤマニン軍団の地方競馬における主戦厩舎とも言える岩手・伊藤和厩舎に所属していたこともあり、多くのヤマニン馬に騎乗していました。2014年4月19日の水沢3R ヤマニンレジェールで初騎乗(6着)。2015年1月3日の水沢9R ヤマニンネレイスで特別競走初勝利(奥州愛馬の会会長杯 初夢賞)などがあります。2017年9月23日 盛岡6R で落馬し、背骨を3本骨折。療養されていましたが、今回の引退表明となりました。落馬事故前の最後にゴールしたレースは、2017年9月18日 盛岡11R 南部杯カウントダウンで騎乗したヤマニンボアソルチによるものでした(7着)。

 管理人なおやとしましては、初めて馬の出産に立ち会わせて頂いた時に産まれたヤマニンプチフールにも数多く騎乗いただき、これまでの5勝の内3勝の手綱を取っていただいており、記憶に残っています。

 生活には支障がない程度には療養が進んでいるとのことですので、今後の活躍に期待したいと思います。まずは騎手生活、お疲れさまでした。

 

Pocket

なおや(運営)

ヤマニン倶楽部の管理人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。