【マリーンC】重賞タイトルに手が届くチャンス!(枠順情報)

Pocket

年末年始に急成長を遂げたヤマニンアンプリメ。オープンクラス3戦目は、地方重賞マリーンカップ(JpnⅢ)に挑戦!

2018年4月11日20:10発走 船橋10R マリーンカップ(Jpn Ⅲ)に、ヤマニンアンプリメの出走が決まりました。

ヤマニンアンプリメは、重賞3勝馬ヤマニングローバルの姪にあたる4歳牝馬。それほど注目を集めることなくデビューしましたが、5戦目となる2017年2月12日 京都・3歳未勝利で初勝利を挙げました。思えば手綱を取った小牧太騎手がnetkeibaの記事で「自信がある」と語られていたことが思い出されます。忘れな草賞(OP)でクラシックを目指したこともありましたが惨敗を期し、休養を挟んだ3歳秋以降はダート短距離に専念。秋初戦となる9月2日の自己条件戦で2勝目を挙げると、冬場を迎えて馬が大きく変わり、12月10日 高砂特別(1000万下)、2018年1月21日 山科S(準OP)で2連勝を飾りオープン入りを果たしました。オープン初戦・大和Sでは順調にレースを運べず、前走・コーラルS(OP)ではスタート後スピードについていけず結果に繋げることはできていませんでしたが、よほど調子がいいのでしょう、中10日で本レースに登録しました。距離も延長した1600mは、出足がつかないヤマニンアンプリメにとって適性があるかも。

8枠11番、主戦・鮫島良騎手の手綱での発走となります。平日ですがナイター開催です、是非応援しましょう!

 

マリーンカップ・枠順
マリーンカップ・枠順
育成時代のヤマニンアンプリメ
育成時代のヤマニンアンプリメ

Pocket

なおや(運営)

ヤマニン倶楽部の管理人です。

2 thoughts on “【マリーンC】重賞タイトルに手が届くチャンス!(枠順情報)

  • 2018年4月11日 at 11:14 PM
    Permalink

    いや、惜しかったですねぇ。
    あの展開で差し切ったら恰好良かったんだけどなぁ~。

    もっさりスタートも先手は取れたし、4角先頭集団も良しな展開。
    あのレースを勝つための欲を言えば、
    向こう正面もっとがっつり抑えても良かったのにor
    行かせたのなら思い切って最内まで潜っても、とは思ったけど。

    2着馬とは闘いすらさせてもらえませんでしたね。
    お前とは喧嘩しないよ、とアンプリメをがん無視して、
    1着馬にするっと目標を切り替えたルメールは流石でした。

    そして関東オークス馬強し。

    最後に再確認、再認識した競馬格言を一つ。
    1~3番人気同居の同枠1-2着決着なし。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。