【なおやの遠征記】盛岡八幡宮参詣がよかった?

Pocket

2019年8月12日(振月)は、盛岡競馬場で開催された第24回クラスターカップ(JpnⅢ)に出走するヤマニンアンプリメ応援のため、管理人なおやは盛岡に乗り込んでおりました。レース結果は別投稿をご覧頂くと致しまして、『なおやの牧場見学記』番外編という触れ込みで、簡単に『なおやの競馬遠征記』をお送り致します(^^ゞ

盛岡駅

クラスターカップの日程は、当然ながらお盆まっただ中。にもかかわらず、宿泊以外の予約を一切していなかった私は、前日に実家のある名古屋から、FDA(フジドリームエアラインズ)で現地入りしました。もともとの予定は県営名古屋空港から いわて花巻空港を経由する筈だったのですが、慌てて取ったチケットは青森空港行き。気づいたのは保安ゲートをくぐってからというおバカ加減で(^^ゞ 青森空港―[バス]→青森駅―[新幹線]→盛岡駅 といういらぬ出費をして、前日夜に盛岡入りしてました。みなさん、余裕を持ってチケットは取りましょう!
というわけでクラスターカップ当日ですが、私は盛岡市内を徒歩で歩き回って、めぼしいところを観光して参りました。中でも特に行きたかった場所が、こちらです。

盛岡八幡宮です。
実は以前札幌に出張した時に、市内観光で北海道大神宮にお参りしたところ、その週末に勝利を手にすることができたことを思い出し、クラスターカップ当日だからこそ、盛岡八幡宮にお参りしなければと思ったわけです。そこで頂いたのはもちろんこちら。

勝守り

勝守りでございます。ふと横を見ると、「うまくいく」お守りが視界に入りまして、あわせて頂いて参りました。
終わってみて思うのは、八幡様に感謝です^^

盛岡八幡宮前のそば屋にて

盛岡八幡宮の門前にあるそば屋さんでお昼を頂きました。わんこそばで有名なお店だそうで、トイレで待っていた地元のおじさまの「東京から来たのがわんこそば食べたいって言うから」と嬉しそうに話してくれたのが印象的でした。ひとり旅だったので、わんこそばという選択肢はなかったけど、「わんこそばは食べ放題形式」であることを学ぶことができました。
お店に入ると、「わんこそばですか? お食事ですか?」と聞かれます。わんこそばは食事じゃないのかと我が耳を疑いましたwww

・正門

そして一度バスで盛岡駅に戻り、無料バスで盛岡競馬場へ!
とにかくとても混んでました。コパノキッキングと藤田菜七子騎手の参戦。人気者の武豊騎手も来場というのが、とても大きかったみたいです。凄く盛り上がってました。そして話には聞いていましたが、OROパーク、大きいですね!

盛岡競馬場・騎馬像
盛岡競馬場・騎馬像

門をくぐるとドーンっと騎馬像と建物が目前に広がっています。縁日や出店などが建ち並び、盛り上がっていました。ちなみにメインレースが終わった頃には出店のほとんどが店仕舞いしていて、関西から遠征してきたヤマニン倶楽部メンバーと祝杯を挙げることができなかったのは残念。もっとやればいいのに、って思いました。あ、地ビールは2種類出ていたので、両方来場後すぐに飲みました(^^ゞ

盛岡競馬場・スタンド
盛岡競馬場・コース

そんなわけで、スタンドも地方競馬として思えないぐらい大きいものでした。これがほぼ満席になっているのだと思うと、凄い賑わいでした。
本馬場は言うほど大きくはないですが、内側に芝コース、外側にダートコースと、盛岡競馬場ならではのレイアウトが新鮮でした。
初めて遠征した競馬場でしたので段取りがよく判らず、応援幕の掲出窓口を教えて頂いたり(私が最後の一枚になったそうで、ご厚意に感謝です。岩手競馬の方、ありがとうございました)、口取りの写真はパドック脇で撮影するらしいのですが、ウイナーズサークルの前で待っていたりで、関係者の方とはなかなか会えませんでした(^^ゞ 関係者の方とは、表彰式が終わってパドックへ戻る途中で、柵越しにがっちり握手させて頂きました。本当に勝利を実感した瞬間でした!

盛岡冷麺

何故かその日の夜は、盛岡冷麺で祝杯を挙げました^^
地方遠征の醍醐味は、やっぱり名産品ですよね!
というわけで、盛岡での1日を相当堪能させて頂きました。盛岡の皆さま、ありがとうございました^^

ちなみに今後盛岡競馬場に遠征される方に追加情報をお伝え致しますと、平泉観光もオススメです。特に中尊寺金色堂は、観光には持って来いです。盛岡からだと観光列車・ジパング平泉号が楽しいです。自由席もイイですが、500円ちょっとで指定席に乗ると、見晴らしのいい席でオススメです。

以上、なおやの盛岡遠征記でした!
ヤマニンアンプリメの出走がなかったら、盛岡・平泉には行ってなかったと思いますので、みなさんも機会があったら出掛けてみて下さい!
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

Pocket

なおや(運営)

ヤマニン倶楽部の管理人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。