【東京スプリント】女王帰還で短距離戦線開幕!(枠順情報)

2020年4月8日(水) 大井競馬場で開催される交流ダート重賞・第31回 東京スプリント(Jpn3)の枠順が確定し、ヤマニンアンプリメ(牝6)は4枠4番で出走することとなりました。前走・JBCレディスクラシック(JpnI)で強豪たちを退け、交流ダート重賞で女王の座を獲得したヤマニンアンプリメ。2020年は自身が得意とするダート短距離路線に戻り、短距離王座へ向けての道へ踏み出す。1月の根岸ステークス(G3)を目標に調整を続けていたものの一頓挫あり放牧へ。再調整の舞台としてここ東京スプリントを選択した。
昨年のヤマニンアンプリメは地方を渡り歩き、JBCレディスクラシック(JpnI)、北海道スプリントカップ(Jpn3)、クラスターカップ(Jpn3)と3つのタイトルだけでなく、全ての競馬場で3着以内という大活躍。休み明けとは言え、今年の大目標は短距離王座。得意な舞台に戻り、十分な活躍を期待したいところです。引き続き騎乗の名手・武豊騎手にも期待し、女王ヤマニンアンプリメにとって、いよいよ2020年シーズンが到来です。

東京スプリント・枠順
東京スプリント・枠順

4月8日(水) 20:05出走です!

オーバルスプリント・ヤマニンアンプリメ
オーバルスプリント・ヤマニンアンプリメ

なおや(運営)

ヤマニン倶楽部の管理人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。