ヤマニンメモリーズ | TOP

Pocket

 

「記録には残らなくても、記憶に残る名馬がいる――」

そんなヤマニン軍団のメモリーを掘り起こすコーナーです。
ヤマニン倶楽部では初期に更新されていましたが、最近は削除されていました。
久々に復刻致します。

できたら書き加えたいです!

(2015.6.21.)

 

ヤマニンメモリーズに登場すべきお馬さんたち(2002/10/06)

なかなか更新されない「ヤマニンメモリーズ」に「もういいんじゃないのぉ~」と溜息まじりの皆様、本当にごめんなさいm(_ _)m もう1年以上更新していなかったんですね(T_T)

というわけで、申し訳なさもあり、本来取り上げたいお馬たちを少しだけ紹介します。寸評は、何故書かれなければならないか、を表しています。みなさんも「これは取り上げないと行けないでしょう!」というヤマニンなお馬があれば、なおやまでお知らせ下さい。

 

馬名 寸評
ティファニーラス 錦岡牧場期待の繁殖牝馬。現在進行形。
ニシキノ
→ヤマニンファルコン
→ヤマニンアーデン
錦岡牧場の自家繁殖牝馬ニシキノの仔ファルコンが錦岡牧場生産馬で重賞初勝利。ファルコンの産駒アーデンも重賞を勝利した。新冠に移設された牧場にとって最初の活躍馬となった。
ヤマニンアピール 芦毛の8歳(当時7歳)騙馬が5馬身差圧勝で京都大障害を春秋連覇。母ヤマニンサムシングが9月に亡くなった弔い合戦でもあった。元祖「白い怪物」。昭和63年最優秀障害馬。ヤマニン軍団きっての名ジャンパー。
ヤマニングローバル 平成元年に3連勝で2歳重賞(当時3歳)制覇も両前足骨折。1年2ヶ月の休養を挟んで脚にボルトを埋め込んだまま、関係者のみなさまには掛け替えのない重賞2勝を飾る。種牡馬入り。現在は錦岡牧場泊津繁殖牧場に繋養され、競馬ファンの訪問が絶えない。
なお、たまに競馬マスコミが間違えて報道することがありますが、既にボルトは抜いてしまったそうですよ。
現在進行形……だと思うとなかなか書けないですね(^^;
ヤマニンシヤレード
→ヤマニンミラクル
→ヤマニンアビリティ
→ヤマニンリスペクト
錦岡牧場が誇る名牝シャレード。名馬物語って言っても現在進行形なので書きません(^^; というか、書けません!
ヤマニンスキー 期待の持込馬も腰の具合から現役自体は不振。安藤勝巳騎手の中央初勝利ぐらいが目立っていた。血統的背景があり種牡馬入りし、大成功を納める。皐月賞馬ヤエノムテキ、優駿牝馬ライトカラーの父としてヤマニンベン牧場に君臨した。ヤマニン軍団きっての名種牡馬。
ヤマニンマリーン 平成3年、優駿牝馬のゴール前、骨折。安楽死処分に。その末脚にファンも多かった。ザナドゥの落馬にマリーンを思い出したオールドファンも多かったはず。
ヤマニンメテオール 激烈な末脚にファン多し!
ワンオブアクライン 錦岡牧場期待の繁殖牝馬。現在進行形。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。