ヤマニンキングリー、国際カップ鞍上は柴山騎手の見込み

今月最大のトピックである、ヤマニンキングリーのシンガポール遠征(5/16)の鞍上は、当初予定されていた武豊騎手から、柴山騎手となる模様です。

5/2、京都競馬場で開催されたイベントに出席した武豊騎手は、「ダービーには間に合わせたい。焦って逆戻りもしたくないし乗るからには万全で。もう少し待ってほしい」と語った。ヤマニンキングリーのシンガポール国際航空Cには騎乗せず、柴山が手綱を取る見込み。

今週末絶好調だった柴山騎手。昨年、ブエナビスタを撃砕した札幌記念(G2)の再現に期待したい。

ヤマニンキングリー(毎日王冠のパドック)

なおや(運営)

ヤマニン倶楽部の管理人です。

ヤマニンキングリー、国際カップ鞍上は柴山騎手の見込み」への1件のフィードバック

  • 2010年5月3日 5:02 PM
    パーマリンク

    ということは、
    パドックでの光景はそれに関連して?
    勝春はシンガポールの先輩勝利騎手だから声をかけたかな。
    蛯名のニヤケも…?
    妙に納得。

    新聞記事内容から時間帯的には合いますね。

    そうですね。
    ヤマニンキングリーには前走のゴール前百メートルで脚を使い切らなかった分、
    今度は余さないように詰めてほしいですね。
    コース的には合う条件らしいです。
    基本的にはアウェイ。
    体調を崩さず完走できるよう無事を祈ります。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。