【天皇賞・秋】復活を期す秋、ヤマニンキングリー登場!(特別登録情報)

勲章を手にすることは、次なるプレッシャーを背負い込むことなのかも知れない。

黄菊賞勝利後、春のクラシックにチャレンジしたヤマニンキングリーだったが、きさらぎ賞(G3)毎日杯(G3)、プリンシパルS(OP)と惜敗を続け、勲章を手にすることは叶いませんでした。しかし、ダービー週の白百合S(OP)で勝ち上がり、菊花賞(GI)への出走を自らたぐり寄せます。
クラシック出走馬となったキングリーは、重賞勝利という新たな目標を目指し、アンドロメダS(OP)から中日新聞杯(Jpn3)と連勝し、GIロードへと名乗りを上げます。
しかし、重賞勝利を目指した2008年春、中山金杯(G3)小倉大賞典(G3)中京記念(G3)と3走連続2着と地団駄を踏みたくなる口惜しい敗戦が続きました。
陣営はここで、走り続けてきたキングリーを放牧へ出し、リフレッシュを図ります。
そして、GI級の馬たちが顔をそろえる札幌記念(G2)で目の覚めるような先行抜けだし策で勝利し、自らGI級の素質があることを証明するのです。

札幌記念(G2) 優勝馬ヤマニンキングリー

毎日王冠(G2)、天皇賞・秋(GI)ジャパンカップ(GI)、鼻出血のため休養を挟み、大阪杯(G2)シンガポール航空国際(GI)……。重賞2勝馬として戦ったGIロードは不完全燃焼なだけでなく、自身の鼻出血の影響も影を落とし始めます。
ふたたび立て直しを図る陣営は、休養を挟んで2度目の札幌記念に臨みましたが、14着に沈み、キングリーの現状の厳しさを浮かび上がらせました。  

「もう一度鍛え直して、秋へ向かう――」

関係者たちの想いはヤマニンキングリー立て直しへ。最近では追い切りで良いタイムをだし、動きも良化。このレース……天皇賞・秋(GI)を目標に着々と調教が進んでいます。
勲章を手にしても、次の目標が現れます。しかしそれに真摯に立ち向かうチーム・ヤマニンキングリー。
鞍上に若手・吉田隼人騎手を迎え、ヤマニンキングリーの充実の秋がスタートします。

是非、応援してください!

【フルゲート18頭】
ブエナビスタ
スーパーホーネット
アーネストリー
ショウワモダン
ジャガーメイル
アリゼオ
シンゲン
ネヴァブション
エイシンアポロン
アクシオン
キャプテントゥーレ
オウケンサクラ
ペルーサ
トウショウシロッコ
スマイルジャック
ヤマニンキングリー
コスモファントム
シルポート
シルクネクサス
ジャミール
セイウンワンダー
トウショウウェイヴ
トゥザグローリー
ショウナンライジン
リルダヴァル

なおや(運営)

ヤマニン倶楽部の管理人です。

One thought on “【天皇賞・秋】復活を期す秋、ヤマニンキングリー登場!(特別登録情報)

  • 2010年10月24日 10:46 PM
    Permalink

    今週の調教はCW 78.7-63.6-49.7-36.2-12.0といい頃の動きが戻ってきたようです。

    イコピコ、エルブが戦線離脱した秋競馬、軍団の大将に頑張っていただきましょう!!

    来週は私も府中に出陣します!!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。