ヤマニンカモミール、レース中の故障で予後不良

2/26 阪神1R 3歳未勝利競走、ヤマニンカモミールは疾病を発症したため、4コーナーで競走を中止しました。
左第1指関節開放性脱臼を発症しており、予後不良となりました。

ヤマニンカモミール
育成時代のヤマニンカモミール

※絶好調だったこの土日の痛恨時でした……。ヤマニンカモミールは、父アグネスデジタル、母ヤマニンリファイン、母母ティファニーラスという期待馬でした。初戦で3着に入り、初勝利も時間の問題と思われた3戦目のできごとでした。残念です。2008年(3歳)世代最初のリタイアとなりました。

なおや(運営)

ヤマニン倶楽部の管理人です。

ヤマニンカモミール、レース中の故障で予後不良」への1件のフィードバック

  • 2011年2月27日 11:01 PM
    パーマリンク

    ひとこと「残念です」

    この日、武豊騎手は2勝されたのですが、大事に騎乗されていたように感じました。焦らずジックリと走らせるように。

    パドックから、
    観察して、写メールも誤ってヤマニンカモミールのほうだけ2枚送ってしまったりして。
    レース時計から判断したらアクシデントさえ無ければワンツーフィニッシュかワイド成立と信じています。
    3着馬に対して優位と感じていましたので。

    デビュー戦で3着をもぎ取ったように根性娘とナマで見て印象を強く受けました。(以上、現地で)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。