ヤマニンセラフィム産駒、重賞初勝利!

3/20 阪神競馬場で開催された阪神大賞典(G2)でナムラクレセント(牡6)が2番手を先行、最後の直線逃げ馬を交わすと、グイグイと末脚を伸ばし、自身初となる重賞成果を飾りました。鞍上は和田騎手。
ナムラクレセントの父は、京成杯(G3)馬ヤマニンセラフィム。もちろん、ヤマニンセラフィムにとっても産駒初重賞制覇となりました。気性難、スピードを活かしての距離延長克服と、いかにもヤマニンの血脈らしいいいレースでした。
ヤマニン軍団には後に続くセラフィム産駒が多数おります。今後にさらにさらに期待しましょう!

種牡馬ヤマニンセラフィム in LEX

なおや(運営)

ヤマニン倶楽部の管理人です。

3 thoughts on “ヤマニンセラフィム産駒、重賞初勝利!

  • 2011年3月21日 3:08 AM
    Permalink

    現地観戦で息の長い活躍を堪能しました。
    一方で寂しさも少し。
    きさらぎ賞当時に予測していなかったけれど、
    ヤマニンキングリーより勝ち星数などが上位に。
    思い出すと、
    毎日王冠で善戦していたのはこちらでしたので。
    G2勝利して種牡馬になる可能性が少し出てきたでしょうか。
    遊び遊びよそ見しながら勝利しましたので、
    まだまだ活躍を見たいです。

    返信
  • 2011年3月20日 4:19 PM
    Permalink

    セラフィム産駒重賞制覇おめでとうございます。
    次は天皇賞でウイスカーと対決でしょうか?

    返信
  • 2011年3月20日 4:07 PM
    Permalink

    本当に、息子の重賞制覇おめでとう。
    アンタに背中を齧られた事は、絶対に忘れないからね!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。