【福島記念】走り続ける姿が刻まれる(枠順情報)

前走カシオペアステークス(OP)では、直線伸びるのではないかと思わせるレース運びで、一瞬ではあったものの興奮が甦ってきました。
7月の小倉記念(G3)で最下位に沈むと、再調整に出されていた ヤマニンウイスカー。カシオペアステークスでも16着に沈んだものの、期待の持てるレース運びでした。
中2週で挑む今週の舞台は、新潟競馬場で開催される福島代替・福島記念(G3)。叩き2走目となる今走は、大きな期待ではないかもしれませんが、変わってくれるのではないか……。走り続けているからこその期待が湧いてきます。
今年のヤマニン軍団は、過去10年で最多の勝ち星を重ねながら、その代償であるかのように怪我や事故に見舞われてもきました。しかし、その一方で走り続けたヤマニンウイスカーの勇姿は、私たちの希望の星でもあります。
ヤマニンウイスカーは、私たちにクラシック出走の夢を叶えてくれたあと、長らく低迷した期間が長くありましたが、今春遂にオープンクラスに復帰。副将格として、まだまだヤマニン軍団を引っ張ってくれるハズです!
鞍上は、初騎乗の古川吉洋騎手です。個人的には一発もある方なので、期待しています。

 

2011年 エプソムカップ(G3) ヤマニンウイスカー
2011年 エプソムカップ(G3) ヤマニンウイスカー

なおや(運営)

ヤマニン倶楽部の管理人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。