【フェブラリーS】 3度目のダートGI挑戦!(最終登録情報)

2011年秋、鮮烈なダートデビューを果たしたヤマニンキングリーに待っていたのは、ダートの大舞台と適正の壁でした。
シリウスステークス(G3)を制覇後、勇躍挑戦したジャパンカップダート(GI)東京大賞典(GI)という2大国際GIレースでは、人気に応えられずに終わりました。特に大井では深い砂に苦しみました。
しかしヤマニンキングリーは、予定通りフェブラリーS(GI)に直行。ここを目標に調整が進められてきました。陣営は諦めてはいないのです。芝コーススタートとなる東京の舞台は、ヤマニンキングリーにとって大きなプラス材料になります。また、マイルという距離も、可能性を期待させます。
ダートに転戦した4戦目。冬の寒空に、ヤマニンキングリーの闘いに注目です。

東京大賞典 パドックでのヤマニンキングリー
東京大賞典 パドックでのヤマニンキングリー
【登録頭数:22頭】
(フルゲート16頭)
トランセンド
エスポワールシチー
グランプリボス
ワンダーアキュート
セイクリムズン
ダノンカモン
ナイキマドリード
ヤマニンキングリー
シルクフォーチュン
ライブコンサート
テスタマッタ
スマイルジャック
トウショウカズン
ヒラボクキング
トウショウフリーク
タガノロックオン
—(以下、除外対象)—
ケイアイテンジン
ヒラボクワイルド
エベレストオー
シルクシュナイダー
ナニハトモアレ
レッドヴァンクール

なおや(運営)

ヤマニン倶楽部の管理人です。

【フェブラリーS】 3度目のダートGI挑戦!(最終登録情報)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。