【京都金杯】真価を問われる重賞挑戦!(レース結果情報)

2013年1月5日、1年の命運を占う新春競馬・京都金杯(G3)が開催されました。

われらがヤマニンウイスカー(牡7)は、最軽量53.0kgに鞍上・武豊騎手が見込まれ、6番人気と比較的高い支持を受けていました。
前走キャピタルステークス(OP)では最低人気18番人気で逃げ切り勝利を演じていましたが、ファンたちの評価は比較的高いものだったと言えるでしょう。

レースは、先頭に立ったヤマニンウイスカーが、最後の直線まで粘り、1番人気のダノンシャークに差され、またトライアンフマーチに僅かに差される3着でした。
真価を問われたこの一戦。7歳馬ながらしっかりと答えを出して見せました。これからの戦いっぷりにも注目です!

3着 ヤマニンウイスカー(武豊騎手)
「いいペースで行けましたし、最後もよく粘っています。軽ハンデもありました」

 

 

ヤマニンウイスカーと武豊騎手
ヤマニンウイスカーと武豊騎手(2010.10.10.)

なおや(運営)

ヤマニン倶楽部の管理人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。