ヤマニンファラオ、ふたたび休養へ

前走15着に敗れたヤマニンファラオはDDSPを発症しており、放牧・手術を施されることになりました。

前走 阪神・ゴールデンブーツトロフィーで5番人気と支持を受けながら、15着に敗れたヤマニンファラオですが、関係筋によりますと、やはりDDSP(軟口蓋背方変位)を発症していたとのことで、既に休養に出ています。今後手術を施すことになったそうです。

期待が大きかっただけに落胆も大きかったと思いますが、もう一度、無事復帰することをみんなで願いましょう。

青葉賞(GII)外から脚を伸ばすヤマニンファラオ
青葉賞(GII)外から脚を伸ばすヤマニンファラオ

なおや(運営)

ヤマニン倶楽部の管理人です。

ヤマニンファラオ、ふたたび休養へ」への1件のフィードバック

  • 2013年12月29日 @ 1:13 AM
    パーマリンク

    うんにゅ・・・。
    まぁ、父の血の宿命か。

    しかし、衰退の国を立て直してこそ真の王。

    王位を継ぐのは王の名を冠する君だからな。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。