ヤマニンアンプリメ 根岸S(G3)に登録

ヤマニンエルフィン、遂に重賞登録するところまで!?(感涙)

ヤマニンエルフィン、愛知杯に登録。
ヤマニンアンプリメ、根岸ステークスに登録。
ヤマニンエルフィン、飛鳥ステークスに登録。
ヤマニンペダラーダ、蒲郡特別に登録。
ヤマニンベルベーヌ、蒲郡特別に登録。

※ヤマニンアンプリメは、予定通り東京・根岸ステークス(G3)に登録しました。前走・門松ステークス(準OP)では適距離1200mに戻り、中村調教師の言葉通り「距離短縮で切れる」末脚を披露し、再度のオープン入りを果たしました。根岸ステークスは再び1400mとなるものの、舞台は広い府中。末脚勝負のヤマニンアンプリメにとって、この条件がどのように展開するか、注目だ。
※古豪ヤマニンエルフィンが、愛知杯(G3)と飛鳥S(準OP)に登録した。遅咲きの牝馬であるヤマニンエルフィンが重賞に登録するだけでも感激ではあるのですが、牝馬限定のハンデ戦である愛知杯なら、十分チャンスがありそうである。陣営もここは両睨みか? 判断を楽しみに待ちたい。

育成時代のヤマニンエルフィン
育成時代のヤマニンエルフィン
CRステーブル時代のヤマニンペダラーダ
CRステーブル時代のヤマニンペダラーダ
育成時代のヤマニンベルベーヌ
育成時代のヤマニンベルベーヌ

なおや(運営)

ヤマニン倶楽部の管理人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。