【菊花賞】最後のクラシックの舞台へ! (スクラップ情報)

■10/22 【菊花賞】イコピコてっぺんまで突き抜ける!(サンスポ)
 栗東では前哨戦の神戸新聞杯をレコードVのイコピコが坂路単走で4ハロン52秒1、12秒4でフィニッシュ。ラスト1冠獲りに向けて陣営の気迫を感じさせた。

 西園調教師
「道中もしっかりラップを踏んで終いを伸ばすように指示。いい調教ができたし、100点満点です」
「前走は次元の違う脚を使ってくれたので、1週間ぐらいは少し疲れを見せたが、しっかり回復させて一番いい状態に戻っている。賢い馬なので自分でオンとオフとの切り替えができるし、レースが近づけば自分で体も造る。ダービーに出られず、悔しい思いをしたからね。ここで力を発揮できればチャンスはある」

 四位騎手
長丁場なので道中の折り合い次第」

 http://www.sanspo.com/keiba/news/091022/kba0910220507014-n1.htm

■10/22 【菊花賞】イコピコ、フクキタルに雰囲気似てる(サンスポ)
 西園調教師
。「当時はフクキタルにも乗っていましたよ。神戸新聞杯→京都新聞杯(当時は秋に施行)と連勝して本番の菊花賞と3つとも勝ってくれた。あの馬の存在が今、自分の糧になっていると思う。雰囲気などはイコピコもフクキタルに似ている」

■10/22 ヤマニンウイスカー中1週で軽め…菊花賞追い切り(スポーツ報知)
 ヤマニンウイスカーは前走の大原S(9着)から中1週を考慮して、軽めの調整だった。CWコースで6ハロン85秒7。メジロラフィキ(4歳1000万)に6馬身遅れたが、力を出せる状態に仕上がった。
 池江郎調教師「間隔が詰まっているので、サッとやっただけ。前走は出遅れたうえ、直線も挟まれて不運だった。長距離向きの血統だから、3000メートルは持ち味が出せる条件だと思う」
 http://hochi.yomiuri.co.jp/horserace/news/20091022-OHT1T00005.htm

■10/21 【菊花賞】栗東レポート~イコピコ(ラジオNIKKEI)
 西園調教師
「菊花賞は3000m、過去にも名馬が折り合いを欠いて沈んだケースはありますが、折り合い、乗り手との話し合いが一番のポイントになります。この馬は、それを克服する力を持っていると思います。
 前走時のデキにはあると思います。この馬は、これまで放牧に出る度に、想像を超えて馬が成長しています。今回も、想像を超えて、強さを発揮してくれるのではないかと思います。
 クラシックにようやく出られます。相手も強いけど、自分の馬が一番近い位置にいると思いますし、自信はあります。100%の力を発揮できるように頑張ります」
 http://keiba.radionikkei.jp/keiba/news/entry-174736.html

■10/21 【菊花賞追い切り】イコピコ絶好4F52秒1(ZAKZAK)
  酒井騎手が手綱を取り、坂路でスムーズにペースアップ。2F過ぎに気合をつけられると、パワフルかつ切れのある脚さばきをみせ、ラスト1Fはさらに脚勢を増しながら12秒4でフィニッシュした。
 14日には坂路で4F52秒6、ラスト1F12秒8で3歳OPエイシンタイガーに1秒1先着しており、2週続けて素晴らしい動き。デキの良さが十分に伝わってきた。
 「前走時も調教の動きが良くて状態面はとても良かったけど、この中間もレコード駆けの反動はみせず、さらに気配は良くなっているね」と、酒井騎手はにっこり。
 http://www.zakzak.co.jp/race/horse/news/20091021/hrs0910211414008-n2.htm

■10/20 【菊花賞】上がり馬イコピコがラスト1冠もらう(サンスポ)
 四位騎手
「強かったですね」
「前半で前が飛ばしてくれたので折り合いがつき、理想的なレースができた」

 酒井学騎手
「休ませて帰ってくる度に、馬がどんどんとよくなった。能力の高い馬とは、こういうものなんだと思いました」
「以前はムキになる面がありましたが、前走の調教の時は前半でフワッと行って、行くよ、とサインを出したらすぐに反応してくれた。折り合いがつくようになったので、かなり楽しみにしていたんです」

 http://www.sanspo.com/keiba/news/091020/kba0910200504006-n1.htm

■10/20 【菊花賞】長距離向き!ウイスカー気配上々(サンスポ)
 池江郎師
「前走もゴチャつくなど、すっきりとしたレースがあまりない。血統的に長距離向きで3000メートルは魅力。確かメジロマックイーンの時も賞金上位馬が回避して滑り込んで出走した。案外、こういう馬は怖いんや」

■10/20 【菊花賞】一気に頂上!イコピコ、淀で輝く(デイリー)
 http://www.daily.co.jp/horse/2009/10/20/0002455302.shtml

■10/19 栗東の注目馬(サラブネット)
 神戸新聞杯をレコードで快勝したイコピコは坂路で4F52秒6―12秒8(一杯)。前走後は少しカイ食いが落ちたが、回復後は順調に乗り込まれている。今週は多少物足りないだけに、来週の追い切りに注目。
 http://sports.nikkei.co.jp/keiba/info_d1.cfm

 

▼今週の主な記事をピックアップしてみました。
 詳しくは、各URLでご確認ください。
 ヤマニンウイスカーもイコピコも出走体制を整えることができたようで、あとはヤマニンウイスカーに、抽選を突破してもらうだけです。
 さあ、最後の一冠・菊花賞の週末がスタートです!

なおや(運営)

ヤマニン倶楽部の管理人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。