【サマーC】ライバルと夏の再戦は、南へ!(枠順情報)

コパノキッキングと再び相見えるヤマニンアンプリメ。1枠1番で夏の佐賀の舞台で!


2020年8月12日(水) 佐賀競馬場で開催される第20回 サマーチャンピオン(Jpn3)の枠順が発表されました。われらがダート女王・ヤマニンアンプリメ(牝6)は、1枠1番からの出走となります。鞍上は予定通り、川田騎手です。

2020年 サマーチャンピオン・枠順
2020年 サマーチャンピオン・枠順

1枠1番というと、2019年 黒船賞(Jpn3)が思い出されます。地方のダートコースは、内側のラチ沿いが砂が深くつくってあるため、内枠の人気馬が出遅れるとかなり不利な立場になり易いこともあり、ヤマニンアンプリメとしてはスタートと西日本では一番長い350mの直線による位置取り争いが重要になってきそうです。

錦岡牧場に帰厩した重賞勝ち馬ヤマニンアンプリメ

レース自体の注目は、共にダート路線でしのぎを削ってきたコパノキッキング(騸5)でしょう。鞍上には、ヤマニンアンプリメの主戦・武豊騎手を迎えました。出走馬登録情報でも記載したとおり、これには事情もきっとあることでしょうから皆まで言いません。が、岩田康誠騎手で同馬を下した1年前のクラスターカップ(Jpn3)があるように、ヤマニンアンプリメも引き下がるわけにはまいりません。幸いハンデキャップもそれなりとなったことで、再びはっきりと勝ち負け付けにいきましょう!
昨年のヤマニンアンプリメは地方を渡り歩き、JBCレディスクラシック(JpnI)、北海道スプリントカップ(Jpn3)、クラスターカップ(Jpn3)と3つのタイトルを獲得しました。また新たな競馬場でのタイトルゲットを目指し、女王ヤマニンアンプリメがスタンバイしています。

JBCレディスクラシック・パドックのヤマニンアンプリメ
JBCレディスクラシック・パドックのヤマニンアンプリメ

なおや(運営)

ヤマニン倶楽部の管理人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。