MENU

【七夕賞】夏は芦毛の牝馬! (レース結果情報)

七夕賞・タイトル

初の重賞挑戦を入着でまとめたヤマニンデンファレ。挑戦そのものに価値がある!


2022年7月10日 福島競馬場で開催された第58回 七夕賞(GⅢ)に出走したヤマニンデンファレは、5番人気に支持されていました。牝馬の格上挑戦、しかも初重賞挑戦ではあったものの、最軽量50.0kgのハンデ、調子の良い調教など、プラスの情報が非常に多かったことも後押ししました。しかし競馬は走ってみないと判らない。ここ1年の好走時のヤマニンデンファレは常に1-2番手で競馬をしてきた。しかし今回は相手関係が変わったこともあり、5番手での競馬となりました。それが影響したのかどうか、4コーナーを回った時には鋭い脚を発揮することなく、35.5秒のあがりで8着となりました。

◆江田照騎手
「ハナにはこだわっていなかったし、前も速かったので自分のリズムを崩さずに走らせた。いい経験になったと思うし、少しパンチ力が出てくればいいですね」(by ラジオNIKKEI)

七夕賞・レース結果
七夕賞・レース結果

この土日は出走機会3連勝というヤマニン軍団のお祭り状態だったこともあり、ヤマニンサポーターの間でも期待が大きかったのですが、さすがに大舞台では勢いだけではなかなか難しかったのでしょう。とはいえ、ポジティブに捉える方が適切なレースだったかも知れない、と考えています。単に重賞に格上挑戦する、というのは簡単なことですが、それを決断し、コンディションを整え、ヌケ漏れなく準備することを陣営はやってくれました。ヤマニンデンファレにとっての初挑戦は、これから彼女がこの舞台を走り続けるための予行演習に過ぎないのです。まだ4歳。これからの彼女のための準備が整いつつあることを意味しているからです。がっかりしている向きもあるかもしれませんが、「そこまでの」大敗でもなかった。彼女はきっと、この舞台に戻ってくるはずです。信頼を寄せてくれる陣営のサポートを受けて。
私たちも、彼女と陣営のチーム・デンファレを見守り、必ずや重賞の舞台に戻って来てやりましょう!

七夕賞・タイトル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次