【阪神大賞典】一流馬への道程がみえる・春

Pocket

古馬として迎える春が、遂にやってきた。
昨年、クラシック出走へたゆまぬ挑戦を続けたイコピコ。秋には神戸新聞杯(Jpn2)でレコード勝利を飾り、菊花賞(GI)、有馬記念(GI)と王道を歩んだ。
古馬として迎える今春、イコピコは一流馬への階梯を確実に刻むため、阪神大賞典(G2)に登録した。
阪神大賞典から、天皇賞・春、宝塚記念への道程が、今、はっきりとみえる!
順調に過ごした昨季のように、今冬もきっと順調に調教を消化してきた筈。
飛翔の2010年の開幕にふさわしいレースに期待!

2009年 有馬記念ゴール後のイコピコ
【登録頭数:19頭】
(フルゲート16頭)
―――――――――
アサクサキングス
トウカイトリック
メイショウベルーガ
イコピコ
ジャミール
ゴールデンメイン
ベルウッドローツェ
ニホンピロレガーロ
ウィルビーキング
ホクトスルタン
ドリームフライト
ダイワワイルドボア
キタサンチーフ
マゼラン
シグナリオ
テンシノゴールド
コパノジングー
ケンブリッジレーザ
メトロシュタイン
―――――――――
Pocket

なおや(運営)

ヤマニン倶楽部の管理人です。

One thought on “【阪神大賞典】一流馬への道程がみえる・春

  • 2010年3月15日 at 11:43 PM
    Permalink

    後方待機がマイポジションの若きレコードホルダーが前で競馬をした有馬記念。
    さらにその前に居た同歳牝馬になすすべ無しだったグランプリ。

    世代牝馬のNo2は砂の王国で鮮やかに挑戦権以上の仕事を果たした。
    No1は難なく京都G2を通過した。

    4歳牡馬の下馬評を覆してくれ。頂点の名を持つイコピコ!

    ・・・盛り上げてみたw

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。