【POG12】 シュクルの半妹・ヤマニンエレニシア

今年は『ヤマニンPOG』と銘打って、ヤマニン軍団期待の2歳馬タチを、何頭かご紹介致します。
記念すべき第1回目は、2003年 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)優勝馬ヤマニンシュクルの半妹・ヤマニンエレニシアをご紹介いたします。

ヤマニンエレニシア
育成時代のヤマニンエレニシア

母は、錦岡牧場が米国より輸入し、競馬界をアッと言わせたティファニーラスの産駒で、輸入前にニジンスキーを種付けして生まれたヤマニンジュエリーです。怪我が原因でターフデビューはされませんでしたが、先述したGI馬の母となりました。しかし、なかなか受胎せず、繁殖関連のスタッフのみなさんは、とても苦労を重ねられました。8頭目の産駒となります。
近年、ティファニーラスの牝系はにわかに活性化しており、ジュエリーの妹ヤマニンアリーナ(父サンデーサイレンス)からは、ヤマニンメルベイユ、ヤマニンキングリー、の重賞勝馬を輩出しています。期待の大きさははかりきれません。

育成時代のヤマニンエレニシア
育成時代のヤマニンエレニシア

ヤマニンジュエリー2009年生産の牝馬には、香水の名前にあやかって、「ヤマニンエレニシア」と名付けられました。栗東・浅見秀一厩舎に所属予定です。

父は、エーピーインディー系米国種牡馬シニスターミニスター。ケンタッキーダービーのトライアルレースであるブルーグラスS(米GI)を12馬身3/4差で圧勝した戦績を持っています。

育成時代のヤマニンエレニシア
育成時代のヤマニンエレニシア

牧場の繁殖スタッフのひとりは、生まれた時から「好きな馬体」と珍しく管理人にお話し下さったために、2年前のことながらしっかりと覚えています。
そして、現在調教を続ける育成スタッフも、「是非倶楽部に掲載して下さいね!」とご指名頂きました。載せないわけには参りません!

育成時代のヤマニンエレニシア
育成時代のヤマニンエレニシア

身体は決して大きくありませんが、写真からも判るとおり、軽快な足捌きが期待させます。
みなさんもPOGにヤマニンエレニシアを指名してみてはいかがでしょうか!

今後も少しずつ紹介しますので、お楽しみに!
ヤマニン軍団の2歳馬リストは、以下に公開しましたので、是非ご覧下さい!

◆ヤマニンランナーズ・2歳勢(’09年世代)リスト

 

※大事な馬名が誤っておりましたので、訂正しました。スミマセン(^^ゞ (6/7)

なおや(運営)

ヤマニン倶楽部の管理人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。