MENU

[見学記] 東中山駅経由で中山競馬場へ

中山競馬場・中央門

新型コロナ感染拡大防止中の中山競馬場への移動方法の記録デス。


皆さんこん**は、ヤマニン倶楽部 管理人の なおやです。
新型コロナ禍も3年目に入ろうとしており、JRAも感染拡大防止のため様々な手を尽くしています。無観客開催から徐々に緩和され、2022年3月現在 開催競馬場には、事前に指定席・スマートシート・入場券をネット予約をしなければ入場することができません。私も久々に中山競馬場へ赴こうとしたのですが、ネット上の情報があまりに少ない! ということで、ごく一部の方にしか役立たない情報を書き残したいと思います。

目次

中山競馬場の最寄り駅

私の自宅から一番近いこともあり、応援しているヤマニンなお馬たちの写真をカメラに収めようと何度も通っている競馬場です。詳しくは、JRAのアクセス情報をご覧下さい。
JR・府中本町駅や京王・府中競馬正門前駅と直結している東京競馬場と比較すると、中山競馬場のアクセスは表記以上に時間が掛かります。主な最寄り駅は3つです。

主な最寄り駅徒歩バス
JR・船橋法典駅約10分
(専用地下道)
JR・西船橋駅約30分約15分
京成・東中山駅約20分約10分
JRA 中山競馬場へのアクセス (JRA HPを元に再編集)

こうしてみると、船橋法典駅からのアクセスが近い用に見えますが……これ、法典門までで、スタンドまでさらに距離があります。動く歩道が設置されていますが、方向が逆だとより時間がかかることになり、意外と便利とは思えないんですよね。ただし、追加費用は掛かりません! なお、有馬記念当日にこの地下道から帰るのは、ほぼ自殺行為なので止めましょう(^^ゞ

東中山駅からのアクセス

そこで気になるのが、西船橋駅と東中山駅から出ているバスです。残念ながら有料ではありますが、どちらも中央門(今回の扉写真)の前まで運んでくれます。これはパドックと道を挟んで反対側らへんで、地下道で繋がっています。ただし、バスが何時に出るのか判らないのがポイントです。コロナ禍以前はそんなこと気にするほどではない本数が供給されていましたが、さすがに入場を制限している現在、バスの本数も少なく、私も目の前でバスが出て行くのを何度か見送りました。これは切ないですよね。
私自身にとっては東中山駅が一番近いということもあり、中山競馬場へ向かう場合に利用することが多いです。実はバスに乗り遅れて何度か歩きました。身体にも良いので歩いてしまうのも一つの手段だと思って下さい。静かな住宅街ですが、周囲には畑もあり、のんびりしています。今はほとんど止まっていない駐車場を横目にすれば、すぐに到着します。

中山競馬場・中央門

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次