MENU

【なおやの遠征記】新潟には食の楽しみが満載!

新潟競馬場・遠征記 2023 SPRING

大雨の新潟大賞典(G3)応援は、食の楽しみも盛り沢山でした!


なおやの牧場見学記2023 5/6 最終日~転戦編』には、「新潟へ移動しましたとも! (でも、それはまた別のお話)」と記されております。そうなんです、4年ぶりの牧場見学を済ませた私・なおやとおーたさんは帰宅することなく、ヤマニンサルバムが出走する新潟大賞典(G3)現地応援のため、新千歳空港から羽田空港のフライトを済ませると、東京駅から上越新幹線へと乗り換えたのでした。これはその続きの「食」のレポートです(ただし、「うまい」しか言わない)。少し新潟競馬場へのアクセスにも触れているので、参考までにー。
なお、本題のレースレポートは、『【新潟大賞典】飄々と奏でてみせよう!(レース結果情報)』でご確認下さい。

目次

新潟競馬場へ出発!

2023年5月7日、私たちは前日の夜に新潟駅南口のホテルに宿泊していましたが、この日ヤマニン軍団は新潟大賞典(G3)に出走するヤマニンサルバム1頭ということで、スタートを大幅に遅らせることにしました。5日間の牧場見学からの新潟転戦で、疲労が溜まっていたのは事実なので、これは正しい判断だったと思います。ただし、問題がありました。
実は新潟競馬場、新潟駅から遠いんです! JRAのアクセス情報をご覧頂くと判りますが、遠征してきた身とすると、レンタカーでも利用しない限り、アクセスがとても限られてしまいます。特に、JR新潟駅南口とJR豊栄駅から開催日のみ運行される臨時バスが最も便利なのですが、これが本数が限られています。JRAさんから、「一度新潟競馬場に運んだら、最終レースまで帰す気ないぞ」圧力が凄い時刻表です。午前中11時前までの運行で新潟競馬場へ運び、午後3時半以降じゃないと帰さない的なダイヤで動いています。1頭しか出ないのでゆっくりと向かいたい私たちは、他の手段を選ばざるを得ず、路線バスを選択せざるを得なかったのでした。

名物 万代そば のカレーライス

とはいえ諦めるわけには参りません!
というわけで路線バスで新潟競馬場に向かうことにした私たち。となれば名物ランチを食すべきではないかと言うことになり、向かったのは万代シティバスセンターでした。万代シティバスセンターには、人気のカレーライスがあるのです! というわけで行って参りました『名物 万代そば』! 凄い行列ですが、一度食べておくと、自慢できます。お腹をいっぱいにして、このバスセンターからヤマニンサルバム応援に向かいました!

https://twitter.com/YamaninClub/status/1655038358924722177?s=20

なお、万代シティは新潟市内の繁華街でおしゃれな町っぽいので(詳しくは判らないです、ごめんなさい)、お店も一杯あります。
私は名古屋出身故か、時間があれば珈琲を飲みたがります。ここにはスタバがあるので、バスの出発までの時間を調整するのにも適しています。カレーライスが立ち食いなのでどうかなー、という方にも安心してご利用頂けます。

新潟・万代シティバスセンターのスタバで
新潟・万代シティバスセンターのスタバで

新潟競馬場にて

万代シティバスセンターから新潟競馬場までは、路線バスだとおおよそ50分となります(臨時バスなら30分)。少し掛かりますね。12時前にランチを済ませて向かっても、到着するのは13時前です。なので決して余裕のある旅程にはならないので、JRAの言いなりに早い時間から競馬場に入った方が無難ではあります。
とはいえ、このバスは新潟競馬場の真ん前まで運んでくれるので、便利です。バスを降りればそこはすぐ新潟競馬場! 応援にも力が入ります。

せきとり 東万代町店 の半身から揚げ

大雨を降らせた曇天の新潟の外を恨めしそうに見上げながら、私たちは新潟競馬場から新潟駅へ一番バスで戻ると、そのままテクテクと万代口へ抜けて北に向けて歩き始めました。タクシーで行きたいところですが、そんな懐状況ではないのです(ノД`)
やはり新潟と言えばお米の産地であり、日本海沿岸で海鮮が名物です。勝ってたら間違いなく寿司を食べに出掛けるところですが、「いやいや、新潟遠征初めてじゃないし。そこまで拘らなくても良いよね」という負け惜しみ的な理由をつけながら向かったのが、鶏の半身から揚げが有名な『せきとり 東万代町店』でした。テレビでも紹介されたことがあるお店だそうで、是非試してみたいということで、訪問したのでした。
美味しいデスが、1つだけご注意下さい。名物料理である 半身からあげ は、量り売りです! だいたい1000円前後ですが、重さで価格が変わりますのでご注意下さい。鶏料理は、本当に大好きです。満足です。なお、人気店です。

日本酒Bar角打ち 新潟駅ビル内で

新潟まで来て日本酒飲まないのはちょっと……とは、同行してくれたおーたさん。最近おーたさんは日本酒にはまってくれたので、日本酒大好きな私にはとても嬉しいできごとです。そして、新潟駅ビルには、『日本酒Bar角打ち』があります。
駅改札のすぐ近くのおみやげコーナーの中にあるので、すぐに新幹線に乗ることができます。カウンターでフードとお酒を指定して購入し、席に着く形式です(もちろん先に席を取るのもあり)。日本酒をいろんな種類を飲めるのが良いです。

帰りの新幹線の中でもいろいろ楽しめます!

帰りの新幹線の中でも、いろいろ楽しめます。今回オススメなのがこの2つです。

1つは、新潟で販売されているビールが美味い! というお話です。私は地ビールも好んで飲むのですが、越後ビール大好き。サッポロの「風味爽快ニシテ」も美味しいんですよね。オススメです。

新潟のビール
新潟のビール

そして、新潟と言えばやっぱり元祖・柿の種! 浪花屋製菓さんが販売している缶入りの柿の種が、元祖なんだそうです。
私は千葉県在住なので、北海道旅行にはピーナッツをいろんな種類持っていき、おみやげにしていました。たまたま残っていたのが高級ぴーなっつ…これは元祖+高級な柿ピーを作るしかない! というわけで新幹線車内で、元祖+高級柿ピーを肴に新潟ビールを飲んで帰宅致しました。最高のハーモニーでしたので、オススメしたいです。
新潟はおみやげやおつまみも充実しているので、旅行自体はとても楽しい展開になると思います。参考にしていただければ!

新潟にて・高級柿ピー
新潟にて・高級柿ピー

(唐突に終わり)

新潟競馬場・遠征記 2023 SPRING

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントを残す

目次