【トップ画集/Vol.185】ファラオ・キングリー・エルブ

Pocket

【トップ画集/Vol.184】 ヤマニンファラオ・キングリー・エルブ
秋へ飛躍を期す、ファラオ、キングリー、エルブ。

ラジオNIKKEI賞(G3)2着から早2ヶ月。ヤマニンファラオは秋の飛躍と最後のクラシック挑戦を目前に控え、9/23 神戸新聞杯(G2)に挑戦します。ライバルたちが屈腱炎で戦線離脱する中、順調に調整が続いているようです。春の雪辱を期して、兄たちの越えられなかった壁を見事に突き抜けてくれるか、今から楽しみです。

今年の9月は谷も注目馬が目白押し。エルムS(G3)で久々に復帰したヤマニンキングリーは、レース中に楽鉄のアクシデントが発覚。昨年、ダートの新星として名をはせたシリウスステークスへ向けて現在調整中です。連覇を目指します。ヤマニンエルブも遂に復活の2着を果たし、次走はレインボーS(準OP)を予定しています。

今年の9月ヤマニン軍団のランナーたちが、今後の進路を巡って重大な岐路に立つ3レースが続きます。目が離せません!

Pocket

なおや(運営)

ヤマニン倶楽部の管理人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。