MENU

【2024年 新春企画】2023年の活躍馬たち・2024年の期待馬たち

2023年活躍馬・2024年期待馬

2023年のヤマニン軍団のまとめとなる特集企画です。本年もよろしくお願いいたします。


昨年末、ヤマニン倶楽部ホームページ上で実施されたオンラインアンケートをもとに、2023年12月23日に開催されたヤマニン倶楽部 忘年会で協議の結果、2023年の活躍馬たち・2024年の期待馬たちを、以下のように決定しました。

みなさん全員の想いを乗せております。いよいよ発表です!

目次

【2023年の活躍馬たち】

ヤマニン年度代表馬

ヤマニン年度代表馬 ヤマニンサルバム

中日新聞杯・セレモニーのヤマニンサルバム
中日新聞杯・セレモニーのヤマニンサルバム

短評:
2023年の年度代表馬は、選考委員会満場一致でヤマニンサルバムが選ばれました! ヤマニンサルバムは明け5歳となる牡馬で、昨年は年初に寿ステークス(準OP)優勝でオープン入りを果たすと、実に9走。得意では内悪天候で走ることが多く不運がかさなり、なかなか成果に結びつけられませんでしたが、11月 オクトーバーステークス(OP)を逃げ切りで勝利すると、12月 には好位から抜け出すレースぶりで中日新聞杯(G3)を勝利し、重賞初制覇を果たしました。この勝利は、ヤマニン軍団に12年ぶりの中央重賞制覇となっただけでなく、錦岡牧場が育んできたワンオブアクライン牝系にとっても初重賞勝利となりました。一昨年に続くヤマニン軍団最多勝(2年連続3勝!?)・最多収得賞金等他馬を寄せ付けず、話題性でヤマニンウルスの名前も挙がりましたが満票で選出致しました。
なおインターネット投票でも37.7%と、2位の支持率でした(1位はヤマニンウルスの47.2%)。
ヤマニンサルバムは、明け5歳。成長を続け次のタイトル獲得に掛かります。次走は、3/10 金鯱賞(G2)を予定しています。

2023年 活躍馬・各部門発表

部門馬名
最優秀2歳牡馬ヤマニンアストロン
最優秀2歳牝馬該当馬なし
最優秀3歳牡馬ヤマニンウルス
最優秀3歳牝馬該当馬なし
最優秀古牡馬ヤマニンサルバム
最優秀牝古馬ヤマニンアンフィルム
最優秀マイル馬該当馬なし
最優秀短距離馬フラッシュアーク
最優秀ダート馬ヤマニンエンディマ
最優秀障害馬ヤマニンマヒア
最優秀種牡馬該当馬なし
特別表彰: カムバック賞ヤマニンサンパ

短評:
それでは、各部門の選考理由をご紹介いたします。
2歳牡馬部門は、ヤマニン軍団として今年唯一の新馬勝ちとなったヤマニンアストロンが選出されました。ヤマニンゼファーに繋がる血統で、今後の活躍に期待。ヤマニンアラバスタの孫にあたるヤマニンアドホックも勝ち上がっており、楽しみなクラシックを迎えられそうです。2歳牝馬部門は、残念ながら勝ち馬が啼く該当馬なしとなりました。
3歳牡馬部門は、最も活躍したとインターネット投票でも1位に支持されたヤマニンウルスが選出されました。同馬は昨年自己条件を2連勝と土つかずで新年を迎えることになりました。2年連続で世代代表馬に選出されました。陣営は変わらず慎重に事を進めていますが、いよいよ今年は飛躍の年になりそうですね。次走1/14 雅S(準OP)を予定しています。一方で牝馬は勝ち星を得られず、また勝ち上がっていない状況から該当馬なしとなりました。
古馬部門は、牡馬にヤマニンサルバム、牝馬にヤマニンアンフィルを選出しました。牡馬はヤマニンサルバムは満票で年度代表馬に選ばれており、異論はありませんでした。ただ、オープン競走を3走連続3着と活躍したヤマニンサンパを表彰したいという声が大きく、特別表彰として、骨りゅうからの復活を讃えて、「カムバック賞」を贈ることとなりました。牝馬には勝ち星をあげているヤマニンアンフィルが選ばれました。
短距離部門には、マイル部門が何故ないのかという問題提起がありましたのでッテイしたのですが、2023年はマイルでの勝ち星がなかったため、該当馬なしとしました。一方で短距離部門には、新潟芝1000m直線で勝利を飾ったフラッシュアークを選出しました。
ダート部門は、2連勝でヤマニンウルスに待ったを掛けた同期馬ヤマニンエンディマが選出されました。これはヤマニンウルスは一介のダート馬ではない、という選考委員会の強い想いが反映されています。
障害部門は、その平地力と伸びていきそうな飛越力でオープン競走で勝利を飾ったヤマニンマヒアが選ばれました。

  • 中日新聞杯・セレモニーのヤマニンサルバム
  • 2023年10勝目・ヤマニンアストロン
  • 2023年9勝目・ヤマニンウルス
  • 2023年2勝目・ヤマニンアンフィル
  • 2023年錦岡牧場生産1勝目・フラッシュアーク
  • 2023年7勝目・ヤマニンエンディマ
  • 2023年6勝目・ヤマニンマヒア
  • アンドロメダS・ゴール前のヤマニンサンパ

2023年 活躍馬・インターネット投票結果

というわけで、活躍馬たちでした。インターネット投票の結果は、以下の通りでした。

インターネットアンケート2023_活躍馬
インターネットアンケート2023_活躍馬

【2024年の期待馬たち】

2023年の期待馬たち・ふり返り

ふり返り:
昨年の本コーナーでとりあげた「2023年の期待馬たち」は、想いと成果が直結しなかったように思います。
期待古馬の牡馬部門で取り上げた牡馬はヤマニンゼストでした。日経新春杯(G2)4着と素晴らしい滑り出しでしたが、現在長期休養中となりました。また牝馬ではヤマニンデンファレが選出されましたが、昨年は勝ち星をあげることができませんでした。
期待3歳では、牡馬がヤマニンウルスで順調に2勝することができました。一方で牝馬はヤマニンバシリーサが中央登録を抹消しており、少し残念でした。
以上を踏まえ、選考委員会の2024年 期待馬たちは、以下の通りとなりました。

2024年の期待馬たち・発表

部門馬名
期待3歳牡馬ヤマニンアルリフラ
期待3歳牝馬ヤマニンアリーズ
期待古牡馬ヤマニンウルス
期待古牝馬ヤマニンアンフィル
期待障害馬選出自粛

短評:
3歳牡馬部門には、既に勝ち上がっているヤマニンアストロンやヤマニンアドホックがいますが、ヤマニンサンパ、ヤマニンアンフィル、ヤマニンウルスを輩出したヤマニンパピオネ産駒ヤマニンアルリフラに期待したいという声が高く、選出されました。兄弟馬が3頭続けて活躍している現状からも、その半弟に対する期待が大きくなるのは当然と言えるでしょう(それはを言うならヤマニンアドホックだって、という意見ももちろんあります)。一方で牝馬は、シニスターミニスター産駒となるヤマニンアリーズが選出されました。ダート界の新星になって欲しいですね。なお、やきゅうさんはヤマニントゥルー(牡3)にも注目したい、特にダートで期待と話されていました。

古馬部門では、牡馬にヤマニンウルス、牝馬にヤマニンアンフィルが選出されました。牡馬に関しては期待度の大きさからもヤマニンウルスで異論なく決まりましたが、牝馬はなかなか難しい選択でした。「牝馬のヤマニン」と呼ばれていたのが昔のことで、なかなか難しいです。そのなかで、まだ勝ち星をあげてもらいたいということで、ヤマニンアンフィルが選ばれました。
なお、前回から設定された障害馬部門でしたが、順調なジャンパーがいないことを鑑みて、選出を自粛しています。

  • 育成時代のヤマニンアルリフラ
  • ヤマニンアリーズ (牝2 母ヤマニンシェリル)
  • レース後のヤマニンウルス
  • 知立特別・パドックのヤマニンアンフィル

2024年の期待馬たち・インターネット投票結果

インターネット投票の結果は、以下の通りでした。

2024年 期待古馬

インターネットアンケート2023_期待古馬
インターネットアンケート2023_期待古馬

2024年 期待3歳牡馬

インターネットアンケート2023_期待3歳牡馬ち
インターネットアンケート2023_期待3歳牡馬ち

2024年 期待3歳牝馬

インターネットアンケート2023_期待3歳牝馬
インターネットアンケート2023_期待3歳牝馬

【最速のPOG!? 期待の2歳馬たち】

さて、例年選択されている2歳馬の期待馬たちも、選考委員で選んでみました。最も気の早いPOGではないかという話もありますね(;^_^A まずは昨年の答え合わせをしてみましょう。

2023年 2歳POGのふり返り

2歳牡馬部門は、以下の結果でした。
これだけ指名して、全然いなかったとは!?

選考委員馬名成績メモ
りゅうさんヤマニンスターダム未出走現在放牧中
本部長さんヤマニントゥルシー未出走在厩
おーたさんイグニス0-0-0-28着・6着と入着が続きました。次は掲示板!
なおやヤマニンブラビーダ未登録
8.13さんスプリンクルソルト0-0-0-29着・7着とダートに替わったものの。
よーじさんヤマニンパソドブル2021未登録
へいさんヤマニンブライトン0-0-0-12桁着順で。在厩中で折り返しすぐ使うか?
これいいさんヤマニンステラータ未出走登録されてから長いですよね。在厩中。

続いて、2歳牝馬部門は、以下の通りでした。
そもそもデビューどころか登録もされておらず、厳しすぎました!

選考委員馬名成績メモ
りゅうさんヤマニンモルフォ未出走現在放牧中
本部長さんヤマニンアリーズ未登録
おーたさんラシャンススウリ未登録
なおやヤマニントリル未登録
8.13さんヤマニンファリダ未登録
よーじさんヤマニンアズライト未登録
へいさんヤマニンラベーラ未登録
これいいさんラヴィデクラ未登録

というわけで、なぜか2歳終了時点で終わってしまうヤマニンPOGですが、2023年は着順、登録されているか否か、あるいはおそらく死去してしまったということまでを考慮して、おーたさんの優勝でした! とはいえ、イグニスの6着によるもので、おめでとうございますと行って良いものかどうか(;^_^A 
というわけで、以下が2023年の順位になりました。皆さんの期待馬たちはどうでしたか?

順位選考委員獲得賞金備考
優勝おーたさん0-0-0-2イグニスの6着
2位8.13さん0-0-0-2スプリンクルソルトの7着
3位へいさん0-0-0-1ヤマニンブライトンの着外
4位りゅうさん未出走未出走2
5位タイこれいいさん未出走未出走1
5位タイ本部長さん未出走未出走1
7位なおや未登録未登録
8位よーじさん未登録未登録・指名馬死亡

さて、以上の結果を踏まえた期待の1歳馬を選択しましたので、みなさん参考までにどうぞ^^
なお、1歳馬の頭数が少ないため、特別ルールで牡馬牝馬統合で指名しております。
本当に気が早すぎるヤマニンPOGですね~。

2024年 2歳POGの指名馬

2024年2歳馬は、頭数が少ないため牡馬牝馬統合で1頭のみ指名する特別ルールで実施します。

指名順位選考委員馬名父馬名備考
1位CKさんヤマニンプードレの2022キタサンブラック
2位やきゅうさんヤマニンアンプリメの2022エピファネイア
2位よーじさんヤマニンバステトの2022シニスターミニスター
4位なおやヤマニンアドーレの2022サトノクラウン
5位これいいさんヤマニンシェリルの2022サトノダイヤモンド
6位本部長さんゴールデンメロディの2022ダイワメジャー
7位8.13さんヤマニンプチガトーの2022フォーウィールドライブ
8位おーたさんテルメディカラカラの2022リオンディーズ

毎年、けっこうみんな真剣に選ぶんですよね。生産頭数を整理した近年、競走がさらに厳しくなっていることもありますが、なかなか楽しい時間でした。なお、netkeibaさんのデータベースを参考に実施させて頂きましたので、実際と異なるケースもあります。ご了承下さい。
来年も是非答え合わせしたいと思います! みなさんの期待馬も教えて下さいね^^


以上、新春企画「2023年の活躍馬・2024年期待馬」でした。
みなさんが考えていたのとどれぐらい相違がありましたでしょうか? いろんな見方があるほうが楽しいと思いますので、是非是非皆さんのご意見、コメントやX等でお知らせ頂けると、ヤマニン倶楽部一同、嬉しく思います。

新春企画は、以上となります。長い長い記事にお付き合い頂きも誠にありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願い致します!
新春企画「ヤマニン2023年10大ニュース」も、是非ご覧ください^^

2023年活躍馬・2024年期待馬

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントを残す

目次